ブッチは猫に食べさせて良い?

キャットフードを食べる猫

 

自分の愛猫にはいつまでも元気に長生きしてほしいですよね。

 

 

ただある日から突然、愛猫のニオイが気になり出したり、毛質が昔と変わったり、そもそもの体質に異変が起きたりしたら「大丈夫かな…?」と心配になってしまうと思います。

 

 

とくにペットは食事の食いつきの良し悪しで多少の調子はわかるものの、基本的には飼い始めてからずっと人(飼い主)が与えた食事をいつまでも食べるので、飼い主の育て方によって、どれだけ病気にならずに健康でいられるかが決まってくるといっても過言ではありません。

 

 

そんな中、ペットフードとしてブッチがとても話題になっています。

 

ブッチ

 

 

ブッチはペットの病気予防や健康増進のためには最強といってもいいほどのフードとして注目されていますね。

 

 

ただ、ブッチはメインがドッグフードのため「猫に与えてあげられるブッチはないのかな?」と気になられている方も非常に多いです。

 

 

実際のところ、ブッチはに与えても良いのでしょうか?

 

 

これに関しては、ブッチの中でも猫に与えてはいけないものと、積極的に与えてあげてほしいものがあります。

 

 

具体的には、ブッチのブラック・レーベルとホワイトレーベルは犬に必要な栄養のみを考えて作られているので猫にはおすすめできません。

 

 

ですが、ブルー・レーベルは猫に必要な栄養も網羅されているので、ぜひあなたの愛猫さんにも積極的に与えてあげてください。

 

 

きっと喜んで食べてくれる上に、より元気になってくれるはずです。

 

こちらからならブッチのブルー・レーベルがWEB限定で初回割引で購入できます
>>ブッチで愛猫をいつまでも元気に!

 

猫も肉食動物なのに魚のイメージが強過ぎるからなのか…

 

猫用の食べ物(キャットフード)は、たくさん販売されていますが、その多くは魚を主に作られているものばかりです。

 

 

もちろん、魚も必要な栄養素がたくさん含まれているので、それを猫に与えるのはとても良いことです。

 

 

ですが猫も犬と同じく肉食動物なので、魚だけでは猫の体に必要な栄養は満たされません。

 

 

それにも関わらず「猫には魚!」というイメージから愛猫に魚ばかり与えていたらどうしても栄養が偏ってしまいます。

 

 

しかも猫は体に悪いものでも美味しければ好んで食べ続けることがよくあります。

 

 

仮に食いつきが良くなかったら別のキャットフードを試すきっかけになるのでまだ良いのですが、好んで食べ続けていた場合、それが原因で病気を患ってしまうことも珍しくありません。

 

 

とくに最近では食いつきばかりを意識したグルメタイプのキャットフードもよく見かけます。

 

 

そのようにが好む味をベースに作られたキャットフードも多少は栄養価を考えてくれているので、それだけを食べさせていないのであれば大きな影響はないのですが、与えすぎは肥満の原因になってしまうので気をつけてあげてください。

 

 

少し話がそれましたが、猫は肉食動物なので病気を防いでいつまで健康にいてもらうためには魚だけでなく肉も積極的にあげることが重要だということを覚えておきましょう。

 

タウリンをきちんとあげてる飼い主さんは少ない

 

とくに猫が大人になってきてからはタウリンをきちんと摂取してあげさせないといけないことをご存知でしょうか。

 

 

愛猫を飼い始める前や買い始めてから少しでも猫のことについて学ばれた方のほとんどはご存知なのですが、猫はタウリンが欠かせない生き物です。

 

 

人間のように活力が欲しい時に飲めば良いレベルではなく、猫の体にタウリンが欠乏したら失明したり心筋症を引き起こしてしまうほどなので、本当に重要で積極的に与えてあげる必要があります。

 

 

これをお伝えすると、かなり焦られる方もいらっしゃるのですが、猫にタウリンを欠乏させてはいけないことは、キャットフード界では知らない方はいないほどですので、よっぽど意味のわからない安価なものを与えてあげていない限り含まれているはずです。

 

 

心配であるなら、一度今愛猫にあげているキャットフードの成分表を確認してみてください。

 

 

おそらくタウリンと書かれていると思います。

 

 

もし書かれていなかった場合、それを主食として与えるのはやめましょう。

 

バランスよくね!

 

猫は肉食動物だから魚ばかりでは栄養が偏って病気の原因になってしまうし、タウリンを与えてあげないと失明や心筋症の原因にもなってしまう。

 

 

「それなら愛猫にいつまでも健康にいてもらうためにも魚だけでなく肉もたくさん食べさせてあげて、さらにはタウリンもたくさんあげよう!」

 

 

そう言われる飼い主さんもいらっしゃるのですが、猫が一般的に必要といわれている栄養素は他にもたくさんあります。

 

 

具体的には以下の通りです。

 

たんぱく質:成猫全食餌量の25%、脂肪:全食餌量の25-30%、炭水化物:全食餌量の33%以内、ビタミンA :200IU、ビタミンB2:0.5mg、ビタミンB6:0.3mg。ビオチン:950mcg、ビタミンD:150IU、ビタミンE:5mg

 

愛猫にいつまでも元気に健康に長生きしてもらうためには、これらの栄養バランスをきちんと考えて食事をしてあげることが重要ということを覚えておきましょう。

 

知っているかどうかよりもあげているかどうかが大事

 

猫に必要な栄養素は知っていながらも、それをきちんと考えて与えてあげていない飼い主さんもたくさんいらっしゃいます。

 

 

「いやいやいや!愛猫がかわいそう!」って感じですよね…。

 

 

もちろん猫を飼っている以上、必要な栄養のことを知っているかどうかはとても大切なことではあるのですが、それよりも大切なのはきちんと栄養を与えられているかどうかです。

 

 

極端な話、猫に必要な栄養についてそこまで詳しくなくても、結果的に今バランスの良い食事を与えることができていれば、あなたの愛猫は健康にいてくれる可能性が高いということですね。

 

 

ですので、猫に必要な栄養について勉強することも大切ですが、なによりそれを愛猫に与えてあげることを第一に考えてあげてください。

 

 

ただ、その栄養バランスを保つことがとてもむずかしいのが問題なのですよね。

 

 

だから、愛猫の健康について悩まれる飼い主さんが後を絶たないのです。

 

 

もしあなたも愛猫の健康を考えてあげたいのなら、ブッチのブルー・ノーベルを与えてあげてください。

 

 

ブッチは一般的なペットフードとは違い、まさに理想の栄養バランスを持つプレミアムフードで、猫の特質を根本から考えた必須栄養素を含んでいます。

 

 

もちろん、猫を病気から守るタウリンも豊富に含まれています。

 

 

しかも栄養のバランスだけでなく、水分の含有量も調整されているので、お腹の調子もとても良くなりやすいです。

 

 

さらには、ブッチなら他のキャットフードに比べて食事の消化吸収の負担も最小限になるので、毛質の改善や健康面での体質改善も全面的にサポートしてくれるのがなにより嬉しいところです。

 

 

ブッチは今なら初回限定のトライアル割引キャンペーンを実施していてお得に購入することができるので、ぜひあなたの愛猫の健康のために一度試されてみてください。

 

 

きっと、毛艶やニオイが気にならなくなるだけでなく、これまでよりもよく食べ、たくさん元気に走り回り、寝る時にはぐっすりと寝る元気な愛猫ちゃんになってくれるはずです。

 

>>ブッチの公式サイトはこちらです
比較サイト用